ここから本文です

介護給付費の請求について伝送請求のおすすめ

磁気(FD・MO)にて請求している事業所のみなさまへ

伝送請求に変更してみませんか?

磁気(FD・MO)請求されている事業所の方で、以下の点について、お困りになったことはありませんか?

  • 国保連合会まで提出に行く時間がない。または、郵送したFD・MOが届いているか心配だ。
  • FD・MOを提出した後に、請求の誤りに気が付いた。
  • 本会から、FD・MO内に当月データがない、ファイルが読めない等の連絡があり再提出したことがある。
  • 請求件数が多いため、支払決定額内訳書だけでは審査決定された利用者の特定ができず苦慮している。

ぜひこの機会に、伝送での請求をお勧めします!

ID・仮パスワードの取得はこちら

メリットは・・・

1.伝送請求は休日も夜間も請求できます

  • 毎月1日から10日の受付期間中は、連合会の閉所日(土、日、祝日)に関係なく、24時間いつでもデータの送信が可能です。

    伝送の受付期間は毎月1日0時00分~10日23時59分までですが、最終日10日は事前チェック機能稼動時間等を考慮し、23時30分までの送信をお願いしております。

2.受付件数やエラーの内容が詳細にわかります

  • ファイルごとに請求件数の確認ができるので、データの送り忘れを防止できます。
  • 不正なデータ(ファイルまたは明細書)は送信結果でエラーとして確認することができます。

    請求件数の確認・エラー内容の詳細は、国保中央会介護伝送ソフトを使用の場合のみ可能です。
    上記伝送ソフト以外を使用の場合は、同等の機能を有する必要がありますので、不明な点は各ソフトメ-カ-にご確認ください。

3.受付期間中はデータの再送信が可能です。

  • 伝送請求は受付期間中(1日~10日)、データ(ファイル)の取消しや再送信が何度でも可能です。エラー等の不備があったデータを取消し、修正した正しいデータを再度送信することができます。

4.受給者別情報が取得できます

  • 伝送請求している事業所に限り、利用者ごとの給付管理票登録情報と受給者別審査決定情報が取得できます。再請求や支払額の確認等に役立てることができます。

    「受給者別情報」の取得については、受給者別情報印刷システム関連ファイルのダウンロ-ドが必要となります。

このページについてのお問い合せ先介護福祉課03-6238-0207