ここから本文です

広報からのお知らせ

平成29年度 広報活動計画(概要)

(平成29年1月16日開催「第5回広報に関する連絡会」にて決定)

  • 1 国民健康保険料(税)収納率向上ポスター及び特定健診受診率向上ポスターの作成(2種類)
    掲示期間:平成29年5月1日~平成30年3月31日(予定)

    • 国民健康保険料(税)の収納率向上及び特定健診受診率向上のため、ポスター掲示による国保制度の趣旨普及並びに被保険者啓発等を行う。
    • 広報による効果をより高めていくため、ある程度知名度のあるポスターモデルとする。
    • アンケート結果では、全体の75%が保険料(税)収納率と特定健診受診率向上の2パターンが望ましいとしていることから、2種類のポスターを作成する。
  • 2 ラジオCMスポット放送
    放送時期:平成29年6月、10月(予定)

    • 国民健康保険料(税)の収納率向上及び特定健診受診率向上のため、ラジオCMスポット放送による国保制度の趣旨普及並びに被保険者啓発等を行う。
      なお、アンケート結果では、全体の73%が前年度同様の2本立てが望ましいとの回答。
    • AMラジオでは、受診対象者の聴取が見込まれる特定健診受診率向上に関するCMを放送する。(予定)
    • FMラジオでは、若年層をターゲットに趣旨普及啓発等を行うため、国保料(税)収納率向上に関するCMを放送する。(予定)
  • 3 都営バス並びに民間バス車内窓上広告
    掲出時期:平成29年7月(予定)

    • 公共交通機関(バス)へポスターを掲出することで、より広く国保制度の趣旨普及並びに被保険者啓発等を行う。
    • アンケート結果では、全体の92%が前年度と同様、都営・民間バスへの車内広告が望ましいとしていることから、より広い地域への周知を目的として都営・民間バスへのポスター掲出を実施する。